青汁でよく使われる植物は

青汁でよく使われる植物は

青汁でよく使われている植物としてはケールや明日葉、大麦若葉などが挙げられます。
青汁というとテレビ番組の罰ゲームなどで使われたり、コマーシャルで有名になったセリフなどもあるために不味いという印象がある人もいますが、その主な原因と言われているのがケールです。
独特の癖の強い味がありますが、ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれているために、健康や美容には良いと言われています。
ケールの他に良く用いられている植物としては明日葉がありますが、明日葉もビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
栄養豊富でありながらケールとは違って独特の風味で飲みにくいという事もなく、子供でも飲みやすいので美味しく飲めるというとケールの代わりに用いられている事も多いです。
その他に明日葉の中でも注目されている成分としてカルコンやクマリンがあり、生活習慣病やガンの抑制作用、アンチエイジング効果などがあると言われています。
また、大麦若葉もケールの代わりに良く用いられている植物であり、大麦若葉もビタミンやミネラルが豊富に含まれていながら比較的のみ安いために人気があります。
青汁が広く知られるようになり始めた頃のイメージが強いと癖が強い印象しかないかもしれないですが、ケール以外で比較的のみ安い製品も登場しているので、野菜嫌いであって美味しく野菜を摂取したいという人はケール以外を用いている製品を探してみる事をおススメします。